トップページ > 県政の情報 > 組織・行財政 > 組織別案内 > 農林水産部 > ダム日記 > 令和5年4月21日(金曜日)「かんがい」

更新日:2023年4月24日

ここから本文です。

令和5年4月21日(金曜日)「かんがい」

臼中ダムAM9時 気温16.6℃ 貯水位の標高335.39m 貯水量477万立方メートル。
 

農作物の生育に必要な水を農地に供給することを「かんがい」と言いますが、臼中ダムや刀利ダムは「かんがい」を主たる目的とした多目的ダムです。ダムの水は、主に田植えの準備の頃から稲刈りの頃までかんがい用水として使用しますが、代かき作業等を実施する4月21日から5月10日までが最も多くの水を必要とする時期です。ダム管理事務所では、かんがい期間中、必要なかんがい用水を確保できるよう管理していますが、今年度も4月下旬目標の貯水量を確保できる見込みです。5月半ばまでは貯水位の高い状態であることから、急な大雨等があれば迅速に対応して貯水位が超過しないよう水量の調整を行います。
 

臼中ダム

usunakadam

 

ほぼ満水位です。当面、満水位付近を維持できるよう管理します。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部小矢部川ダム管理事務所 

〒939-1766 南砺市刀利字大平72-2 

電話番号:0763-55-1104

ファックス番号:0763-55-1331

関連情報

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?