トップページ > くらし・健康・教育 > 教育・子育て > 子育て > 保育士・教諭・支援員 > 不適切保育等防止推進事業「ワークショップ研修」の助成について

更新日:2023年6月1日

ここから本文です。

不適切保育等防止推進事業「ワークショップ研修」の助成について

県では、不適切保育等の未然防止を図るため、複数の施設が集まり、ファシリテーターを交えてグループ学習や参加型の研修(以下、「ワークショップ研修」)を行う施設に対し、事業に必要な経費を助成します。

1、助成対象事業

ワークショップ研修を行い、他施設との事例を共有しながら意見交換することで、自園の体制や自らの対応方法等について振り返るとともに、さらなる向上を目指すことをねらいとする取組みであり、以下の要件を満たすものとします。

  1. 1回の研修につき、参加施設は3~5施設程度とする。参加施設は、県内に所在する、保育所、認定こども園、幼稚園とし、その選定について、地域、施設種別等は問わない。
  2. 1回の研修につき、ファシリテーターを1名以上参加させること。
  3. 1回の研修につき、最低実施時間は2時間とする。研修テーマは不適切保育の防止、保育の質の向上につながる内容であることが必要であり、研修内容として、意見交換及び他園との事例共有の時間は必ず設けること。

2、研修実施期間(助成対象期間)

対象事業実施期間は、令和5年7月1日~令和6年2月末日までの間で設定してください。

3、補助金額

1回の研修につき、上限5万円

対象経費…報償費、旅費、消耗品費、印刷製本費、役務費、使用料・賃借料等

その他詳細は実施要領を参照してください。

4、申込方法

(1)実施申込書を、以下にメール、郵送又は持参してください。

〒930-0094

富山市安住町5-21 富山県総合福祉会館(サンシップとやま)

富山県保育士会 事務局

TEL:076-433-7110 E-mail:t-hoiku@kitokitonet.ne.jp

(2)提出書類

研修実施申込書

※各様式は、下記関連ファイルよりダウンロードできます。

5、募集受付期間

令和5年6月1日~令和6年1月31日まで

(上記期間は、補助決定状況に応じて変更する場合があります。)

6、対象事業終了後の報告

補助対象事業の終了後、2週間以内に実績報告書及び必要添付書類、助成金請求を提出してください。助成金の支払いは、研修終了後となります。

提出先は、申込書提出先と同様富山県保育士会あてになります。

関連ファイル

お問い合わせ

所属課室:厚生部こども家庭室子育て支援課保育・認定こども園担当

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-4103

ファックス番号:076-444-3493

関連情報

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?