更新日:2022年9月7日

ここから本文です。

7 他の都道府県からの転入の場合の手続き

他の都道府県において肝炎治療受給者証の交付を受けている方が、富山県に転入後も引き続き受給者証の交付を受ける場合は、住所移転日の属する月の翌月末日までに、肝炎治療受給者転入届(様式第11号)を提出することによって、診断書による認定審査を経ることなく、受給者証を交付します。
住所地を管轄する厚生センター又は富山市保健所(※)に次の書類を提出してください。

(※)富山市にお住まいの方は富山市保健所、又はお近くの保健福祉センターで手続きをしてください。

【提出書類】

  • 1)肝炎治療受給者転入届(様式第11号)
  • 2)転入後の住民票の写し
  • 3)転入前に交付されていた肝炎治療受給者証の写し(※2)

(※)受給者証の有効期間は、住所移転日から住所移転日前に交付されていた受給者証の有効期間の終期までとなります。

関連ファイル

肝炎治療受給者転入届【様式第11号】(ワード:23KB)

お問い合わせ

所属課室:厚生部健康対策室健康課がん対策推進班

〒930-8501 富山市新総曲輪1-7 県庁本館2階

電話番号:076-444-3224

ファックス番号:076-444-3496

こちらの記事も読まれています

 

このページに知りたい情報がない場合は

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?